本日は建物の劣化とシーリング工事の関係性についてお伝えします。

住宅の外壁材に使われるものとして、サイディングやALCといったものがあります。そのサイディングやALCの建物をよく見てみると、外壁材同士のつなぎ目にゴムのようなものがあります。その部分がシーリングと言われる部分です。

シーリングが劣化すると、ひび割れや痩せ、剥がれが生じます。シーリング材は外壁材よりも劣化しやすい特性があり、紫外線や雨にあたることで劣化は日々進みます。

シーリングの劣化を放置してしまうと建物内部に雨水が侵入したり、建物にかかる振動や地震の揺れに建物が対応できず外壁材が破損してしまう場合があります。

シーリング劣化初期

シーリングの硬化:シーリングが硬化することで伸縮性が低下し、建物が揺れを吸収する脳力が落ち負担がかかることで、亀裂やひび割れが起きてしまいます。

シーリング劣化中期

シーリングの痩せ、剥がれ:外壁材同士の間に隙間ができてしまい、その隙間から雨水が侵入することで雨漏れの原因になってしまいます。

シーリング劣化末期

シーリングの剥離:シーリング材が感染に取れてしまい、雨水の侵入はもちろん、建物の揺れを吸収するクッションの役割も果たせないため、雨漏りから建物内部での腐食や外壁材の破損も起こりうるため、早めの工事が必要です。 シーリング工事は目視で確認ができ、点検がしやしやすい部分です。塗装の目安にもなりますので一度ご自宅の外壁をチェックしてみてはいかがでしょうか。