塗装の最適時期は気温・湿度・天気の安定する時期(春・秋)です。

塗料はしっかりと乾燥させることで機能を発揮するため、空気が乾燥していて天気も安定している春期4~5月と秋期9~10月が塗装のベストシーズンとされています。

●塗料以外のポイント●

工事期間中は普段通りの換気が出来ない場合があります。

1窓など養生の為透明のビニールシートで外から塞いでしまいます

2お家を囲む足場があり、保護シートで覆われてしまいます

3換気扇や換気口から材料の臭いが室内に入ってきてしまう可能性があります

塗り替え中は、窓を開ける事が難しくなってしまいます。

暑くない時期は窓を開ける機会が少ない事から、生活適温の点からも塗り替え時期に向いているという利点もあります。

塗り替え工事は気温・湿度・天候などの条件さえ整っていれば年中可能ではあります。

皆様の普段の生活への影響も考慮した上での時期選びもポイントとされます。

●塗装の条件●

①気温 (15℃~30℃

②湿度 (40%~85%

③塗装面に夜露・結露などがないこと

④雨・雪・強風でないとき

塗装工程に必要な条件は塗料の硬化・乾燥に適した条件が揃うことです。

塗料は塗った後に乾燥し、硬化して塗膜となり、はじめて塗料の性能が発揮出来ます。

この塗膜を形成するのに必要な乾燥、硬化までの時間は塗料によって様々ですが、

この時間が非常に大切になります。

“空気が乾燥していて気温が適温であれば塗料の乾きも順調に進み、塗装期間中の安定した天気が続けば、雨風による工事を中断もなく、”予定通り工事が進める事が出来ます。

出来るだけ工期予定通りにスムーズに進むようベストな時期を選ぶことで 工事期間中のお客様への生活負担を減らせることにもつながります。