外壁の塗り替えには、チョーキングは避けて通れない問題の一つです。

チョーキング(白亜化)現象は、塗膜劣化サインのひとつです。

この現象は主に日光や風雨のような自然環境から、外壁塗装の表面に劣化した樹脂成分が白い粉状のものとして浮き出ている現象です。

美しい建物も自然と老朽化していきます。

一度チョーキングのチェックをしてみてはいかがでしょうか。

チョーキング(白亜化) は主に紫外線の影響が大きい為、日当たりの良い部分の方がより起こりやすいです。

チェックするなら、できるだけ劣化が大きい場所を基準にした方が良いです。

強い日光や雨が当たりやすい場所

・お家の南側

・お家の西側

このチョーキングを放置すると、外壁のひび割れやカビの発生などに進展する恐れがあります。

チョーキングを塗替えのサイトととらえ、メンテナンスを検討しましょう。

外壁塗装は建物の最も外側を守っている重要なコーティングの役目があります。

またその下にある外壁や屋根などの外装材やさらにその内部にある建物の構造材の寿命を長持ちさせるためにも、塗装で守る必要があり定期的なメンテナンスが必要です。