外壁サイディングボードは種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。また、塗替えにおいても各種サイディングボードにより異なる注意点や特性が存在します。

外壁サイディングボードの種類とその塗替えの特徴をまとめました。

[サイディングボードの種類]

1. 樹脂系サイディング

特徴: 軽量かつ取り扱いが簡便。耐久性があり、手入れが簡単。

適用: 主に住宅の外壁に使用され、経済的で豊富な色彩が特徴。

2. 窯業系(ようぎょうけい)サイディング

特徴: セメントと繊維を主成分とし、強度が高い。耐久性があり、防火性が優れる。

適用: 長寿命でメンテナンスが少ないため、住宅や商業施設に広く利用。

3. 木質系サイディング

特徴: 天然木を使用し、自然な風合いがあり通気性がある。環境に優しい素材。

適用: 住宅やリゾート施設など、自然な雰囲気が求められる場所で利用。

[塗替えの特徴]

1. 樹脂系サイディング

塗替え特徴: 色褪せが生じる可能性があるため、定期的なメンテナンスが推奨される。塗装は劣化の兆候が見られた場合に行うと良い。

2. 窯業系(ようぎょうけい)サイディング

塗替え特徴: 耐久性が高いが、劣化や変色が見られた場合に塗替えが必要。塗膜の剥がれやひび割れにも注意が必要。

3. 木質系サイディング

塗替え特徴: 天然素材のため、劣化が進む可能性がある。木部の腐食や虫害から保護するため、適切な防腐塗料を使用することが重要。

外壁サイディングボードの種類も踏まえ、塗替えに関する特徴を理解し、これからの美しい外観を長期間維持するためには適切なメンテナンスが必要です。

建物の状況によってタイミングは異なります。『メンテナンス工事はいつ行ったらいいのだろうか?』と思ったら是非一度ご相談ください。