足場が必要なリフォーム工事は、施工範囲も広くなるため高額な工事になります。 そこで、今回の工事を少しでもコストカットしたいと考えて、塗装工事のみを優先し、他に必要な工事を後回しにしてしまいがちです。しかし、 長い目で見た場合、まとめてやっておいた方が結果的によかった。というお声もよくお聞きします。 リフォームは計画をしっかり立てて行っていくことが最終的には費用を抑えられる事に繋がります。 思いつくまま何度も分けてリフォームしてしまった事でかえって費用がかかってしまったという事がないように計画的な工事を視野に入れましょう。

今回は「足場仮設」に着目し、「足場の有効活用」について考えてみましょう。

足場の設置をするなら外壁塗装以外にも活用してみませんか?

個々の工事をするたびに何度も足場を組み立てたり撤去したりすることで、余分な費用がかかることもあります。そのため、外装塗装工事と共にできる修繕やリフォームを上げてみました。一緒に出来る工事はないか検討してはいかがでしょうか。

■屋根修理・塗装

外壁塗装と同時に屋根の修理や塗装を行うことで、足場を効果的に活用できます。足場が設置されている状態であれば、屋根の高所作業も安全かつ効率的に行うことができます。

■外壁補修・改修

外壁の補修や改修工事も足場が必要な作業です。外壁塗装と同時に、クラックの修理や壁の張り替えなどを行うことで、足場を最大限に活用することができます。

■窓やドアの交換

窓やドアの交換も高所作業を伴うため、足場が必要です。外壁塗装と同時に窓やドアの交換を行うことで、コストを削減することができます。

■外部の配管や電線の修理や撤去

外部の配管や電線の修理も高所作業を伴います。足場が設置されている間に、外部の配管や電線の点検や修理や不要設備の撤去を行うことで、建物全体のメンテナンスを効率的に行うことができます。

これらの工事を組み合わせることで、一度に複数のリフォーム工事を行い、足場を最大限に活用する事で、お得に建物のメンテナンスを行うことができます。