外壁塗装の営業トークは、時に不安を煽り、契約を急かす悪質な手法が用いられることがあります。特に地震や台風の後など、家の安全に関心が高まっている時に、このような手法が集中する傾向があります。トラブルを回避するための対策についてまとめました。

1. 大げさな状況説明への対策

1.1 誇張された主張に対処する

劣化の状況を大げさに誇張し、「壁が崩れる」「雨漏りする」「家自体がダメになる」といった恐怖心を煽る業者には注意が必要です。自分の家の状態を客観的に把握し、冷静に判断しましょう。

1.2 複数人で対応する

訪問営業時には、1人で対応せず、家族や信頼できる友人など複数人で対応しましょう。複数人で話を聞くことで、客観的な判断を得ることができます。

1.3 情報収集を行う

訪問業者からの情報だけでなく、インターネットや口コミなどを活用して、業者の信頼性や実績を調査しましょう。信頼できる業者であれば、客観的な情報も提供してくれるはずです。

2. 大幅な値引きへの対策

2.1 根拠を求める

大幅な値引きを提示された場合、その根拠をしっかりと求めましょう。明確な説明や根拠がない値引きの場合、悪徳業者の可能性が高いです。

2.2 相見積もりを取る

他の業者からも見積もりを取り、工事内容に相違が無い事や料金を比較することで、適正な価格かどうかを判断できます。契約を急かされても安易に契約せず、複数の業者と比較検討することが大切です。

2.3 値引きの裏に潜むリスクを考える

大幅な値引きが提示された場合、その裏に手抜き工事や安価な材料の使用など、リスクがある可能性があります。料金の安さだけに惑わされず、工事の品質もふまえて総合的に考慮しましょう。

外壁塗装はお客様の不安な気持ちを逆手に取る悪徳業者が存在します。トラブルの発生や、リスクを減らすためには、事前にしっかりと自分の心構えを持つ事も必要です。