外壁塗装を高品質・低価格に

塗装工事中の職人さんへのお茶出しは必要ですか?

 

リフォーム工事をされる方のご心配事として、当日の職人さんへの対応ではないでしょうか。その中の一つとして工事中の職人さんへのお茶出しは必要でしょうか?というお話があります。多くの職人さんは、昼食以外に10時と15時に休憩を取ることが一般的です。この休憩時間に施主が職人さんにお茶やお菓子を出すべきかどうかご心配される方もいらっしゃるでしょう。

 

【昔と今の違い】

かつては、施主が職人さんの休憩中にお茶出しをするのが当たり前のことでした。しかし、最近では「お茶出しやジュースを出さないでください」という方針を持つ業者も多くなってきました。そのため、施主がお茶やジュース、お菓子を用意するケースが減ってきています。結果として、施主がお茶出しやジュースについて心配する必要は少なくなってきています。

 

【お茶出しのタイミング】

それでも、作業をしてくれている職人さんを気遣う気持ちは自然なことです。お茶出しやジュース出しが絶対に禁止されているわけではありませんので、休憩のタイミングを見計らってたまにお茶出しを行うのは悪いことではありません。特に夏場などの暑い時期には、冷えたお茶やジュースは喜ばれるでしょう。ただし、毎日のように用意すると職人さん側に負担がかかることも考えられるため、お茶出しは「たまに」行うのが良いでしょう。

 

【おすすめの方法:「ご自由にお飲み下さい」】

一番お互いに気を遣わない方法として、「ご自由にお飲み下さい」という形でペットボトルのお水やジュース、手軽に食べられるお菓子などを用意しておくことをおすすめします。お菓子は手が汚れないように個包装されているもので、パッと口に入れられるようなものが食べやすくて良いでしょう。ペットボトルの飲み物や個包装のお菓子は残ってしまった場合には持ち帰ってもらうこともできるため、職人さんに対して「飲みきらないといけない」という気遣いも不要です。

 

【まとめ】

お茶出しについては、特に夏場など気になる場合は冷えたお茶やジュースをたまに用意するのが良いでしょう。ただし、基本的には職人さんがお茶出しを期待しているわけではないので、施主側があまり気にする必要はありません。「ご自由にお飲み下さい」という形で、ペットボトルの飲み物や個包装のお菓子を用意しておく方法がお互いにとって気軽でおすすめです。

このように、お茶出しは必須ではなく、気持ちの範囲で行うものであり、工事の質には影響しないのでご安心ください。