ペイントホームズ
北摂店

屋根に太陽光パネルを設置しているご家庭の塗装方法をご紹介します

 

太陽光発電システムの導入が進み、屋根にソーラーパネルを設置しているご家庭も多くなりました。太陽光パネルが既に設置されている場合、太陽光パネルが配置されていない部分の塗装をおこないます。

太陽光パネルの下は日光が当たらないため、劣化は比較的遅いと考えられます。このため、部分的な屋根塗装となり、実際の屋根面積よりも塗装する面積は小さくなるため全面の塗装よりも比較的安価に仕上げることができます。

ただし、太陽光パネルが設置されていた領域の塗装を行わないことから、太陽光パネルを撤去した場合には色の差が生じる可能性があります。太陽光パネルを取り外す際には、屋根材の状態に応じて適切な塗装とメンテナンスを検討することが重要です。

他の選択肢として、太陽光パネルを一時的に撤去し、屋根全体を塗装した後に再設置する方法もあります。全体的なメンテナンスをする事で塗装タイミングの一貫性は生まれますが、リスクも伴います。撤去・再設置に伴う業者への費用や、取り外したパネルの保管場所の確保などを考慮する必要があります。

また、太陽光パネルを撤去した事により保証が失効する可能性があり、架台に傷がついた場合は追加の費用がかかる可能性があります。この点を注意深く検討し、最適なプランを選択することが重要です。