ペイントホームズ
北摂店

皆様は「外壁の自己点検」されていますか?

定期的な自己点検から、問題を早期に発見し、早期修理する事で、費用を抑えたメンテナンスをする事ができます。

家の外壁塗装における美観と保護の効果を最大限に保つためにも、日頃より意識して見る事はとても大切です。

外壁塗装に焦点を当てた定期的な自己点検の手順とポイントをお伝えします。

▼外壁の視覚的な点検

外壁にひび割れ、はがれ、変色、カビや藻の発生などがないか視覚的に点検します。

特に陰面や湿気の多い場所は、カビや藻が発生しやすいので注意が必要です。

▼触覚的な点検

外壁を手で触って指にチョークのような白い粉がしっかりとつく場合、それは重度のチョーキングの兆候です。このような場合は、即座に外壁の塗り直しを行うことが重要です。逆に、指にうっすらと粉がつく程度であれば、外壁塗装を検討し始めるべき段階と考えてください。また表面が滑らか

雨の降り方や風向きによって外壁に水が当たりやすい場所を確認し、防水性が十分であるか確認します。

▼コーキング材の確認

窓枠やドア周りのコーキング材が乾燥・ひび割れしていないか確認します。劣化している場合は、交換が必要です。

▼樋や雨どいの点検

雨樋や雨どいが詰まっていないか、正しく水を流せる状態になっているかを点検します。これにより、雨水の逃げ場が確保され、外壁への影響を軽減します。

これらの自己点検を定期的に行い、もしも問題が見つかった場合は早めに専門家に相談し、修理が必要な状況であるかの相談をすることをおすすめします。