ペイントホームズ
北摂店

木部が劣化すると出てくる5つの症状

住まいにおいて木材が中心的な建材として利用されていますが、木部が劣化するとさまざまな症状が現れます。

木部が劣化するとどのような症状がでるかご存知ですか?

以下にいくつかの劣化症状を挙げてみました。

1.日光と風雨による風化

外部に露出している木材は、日光や風雨によって風化します。これにより木材が灰色に変色し、表面が荒れてガザガザとなります。色褪せた木材は弱くなり、劣化が進む可能性が高まります。

2.腐朽菌による劣化

腐朽菌は木材を腐らせる菌で、褐色腐朽菌や白色腐朽菌などがあります。木材が腐朽すると、外観が変色し、柔らかくなって崩れてしまいます。

3.苔による劣化

湿気の多い環境では木材表面に苔が生え、緑色に変色します。これはナチュラルな雰囲気を演出する一方で、木材の劣化を促進します。苔が生える場所にはカビも発生しやすいです。

4.カビによる劣化

カビは湿気が多い環境で発生し、木材表面に黒ずみを引き起こします。カビの成長により、木材の劣化が進みます。カビが深部まで根付くと、取り除きにくくなります。

5.害虫による劣化

木を食べる害虫、特にシロアリなどが木部を侵食すると、木材がボロボロになり、強度が不安定になります。害虫の予防が重要であり、対策が必要です。

これらの劣化症状は、木材が自然環境にさらされることによって生じます。定期的なメンテナンスや予防措置を講じることで、木材の美しさや耐久性を維持することができます。

外壁塗装、付帯部の木部塗装はもちろん、ご不安やお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。